ギムネマ茶

ダイエットの救世主ギムネマ茶とは?その効果と飲み方を大紹介!!

皆さんはギムネマという言葉を聞いたことがありますか?ギムネマはインド、スリランカ原産のハーブの一種。最近ではこのギムネマを茶葉として使ったギムネマ茶が魔法の飲み物として大注目を浴びているのです。今回はギムネマ茶の魅力を大紹介!キーワードは甘みを壊す!?

ギムネマ茶の効果

・血糖値を下げる
ギムネマには小腸で糖分の吸収を抑制し血糖値の上昇を抑える効果があります。現代人は食の欧米化が進んでいると言われていますよね。食の欧米化が進んだということは、一般的に血糖値が上昇する食事を以前よりも取るようになったということです。

・糖尿病の予防
糖尿病にはいくつかの種類があり、原因も様々です。しかし日本人の約95%の糖尿病は食生活・運動習慣が関係したものだと考えられています。前述したように食の欧米化による血糖値の上昇が糖尿病につながることは間違いありません。

そもそも糖尿病とは血糖値の異常な上昇から始まるもの。前述したようにギムネマ茶には血糖値の上昇を抑える効果があります。そしてそれが糖尿病の予防を押さえることになるのです。

・ダイエット・肥満予防
ギムネマ茶には小腸でぶどう糖の吸収を抑える効果があります。ぶどう糖とは炭水化物を摂取した際に生じる糖質のことです。このぶどう糖は脂肪に直結しやすいのです。だからぶどう糖を生成する炭水化物はダイエットの大敵だと言われているのですね。

しかしギムネマ茶には前述したようにダイエットの大敵ぶどう糖の吸収を抑えます。つまりご飯や麺類、パンなどの炭水化物が大好きな人でもギムネマ茶を摂取することによってダイエット効果を得られることができるのです。もちろんギムネマ茶だけを飲むだけよりも適切な運動を伴った方が言うまでもなく効果は増大です。

・便秘解消
便秘が起きる理由は様々ですが、最近増えている理由は2つ。1つ目は肉を中心とする食生活になったことにより、野菜の摂取量が減る。結果的に食物繊維不足になり便秘につながること。2つ目はダイエットが原因。食事の量を減らすダイエットを行うと必然的に便の量も減ります。そしてそれが便秘につながることもあるのです。

ギムネマ茶が小腸で糖質吸収を抑えたときに吸収されない成分も出てきます。何とこの成分が食物繊維のような働きをするのです。そのため便の量が増え便秘も減ります。

・虫歯を予防
ギムネマ茶には虫歯を予防する効果もあるのです。虫歯になってしまう過程は簡単に説明すると、ミュータンス菌と呼ばれる菌が歯にくっつくねばねばした物質グルカンを作ります。このグルカンが作られると菌が洗い流されず歯に残り続けてしまう。そして結果的に歯垢が形成され虫歯になってしまうのです。

さてギムネマ茶にはグルカンが作られるのを抑える効果があります。つまり虫歯の発生を予防することができるのです。

ギムネマ茶とは?
ギムネマ茶とはギムネマというハーブを茶葉に使ったお茶の事。ギムネマはインド、スリランカ原産のガガイモ科の植物。ギムネマは古来より糖尿病の治療や胃の働きを改善するために使われてきました。

体に嬉しい様々な効果を持つギムネマ。ギムネマを語るうえで絶対に抑えておきたいポイントは、ギムネマは甘みを壊すということ。どういうことかというと、ギムネマを噛む・ギムネマ茶を飲んだ後にケーキやチョコレートなどの甘いものを食べても甘みを感じません。


ギムネマ茶おすすめ商品

・ギムネマ茶4gx32包

ギムネマはインド、スリランカ原産のハーブの一種。
最近ではこのギムネマを茶葉として使ったギムネマ茶が魔法の飲み物として大注目

 ●血糖値を下げたい
 ●糖尿病の予防をしたい
 ●ダイエット・肥満予防にお役立て下さい

ギムネマ茶4gx32包の購入はこちら

ギムネマ茶のまめ知識

ギムネマには副作用はあるの?
ギムネマにはこれといった副作用があるわけではありません。明らかな過剰摂取することなく適量を摂取していれば何も恐れる必要はないでしょう。

ギムネマ茶を摂取し始めるとお腹が少し張ったような感覚やおならが出やすくなります。しかしそういった症状も1か月もすれば収まります。

ギムネマ茶を摂取するうえで気を付けてきたいことは1つだけ。それはギムネマは小腸で糖分の吸収を抑制するだけではなく鉄分の吸収をも抑制するということ。鉄分が不足するとめまいや立ちくらみ、動機、そして疲れやすさが出てきます。特に女性は鉄分不足の方が多いのでギムネマ茶を摂取する時には鉄分が豊富なものを食べるなど配分を考えたいですね。

ギムネマ茶はダイエットに最適!
ギムネマ茶が近年人気を集めている理由。それはダイエットに効果的だからです。すでに上述したように糖分の吸収を抑制するギムネマは体内に余計な脂肪をつけない大きな手助けをしてくれるのです。またギムネマ茶を飲んだ後には甘みを感じなくなる。つまりダイエットの大敵である甘いものを食べたくなくなるということですね。そして結果的には間食をしなくなります。

簡単にまとめるとギムネマ茶がダイエットに使われる理由は主に2つ。
1. 炭水化物などを食べても糖質をコントロールしてくれる
2. ダイエットの大敵である甘いものを食べたくなくなり、間食をしなくなる

ギムネマ茶には脂肪を燃焼させる働きはありませんが、ギムネマ茶を飲むことによって炭水化物などを抜く必要がないダイエット、好きなものを食べながらダイエットを行うことができるのです。

ギムネマ茶を飲むタイミング
ギムネマ茶の効果を最大限に得るためにも飲むタイミングはとても大切です。おすすめは食後30分以内に飲むこと。30分以内に飲むことによって血糖値の上昇を抑え、糖質などが体内で吸収されるのを防ぐことができます。

食事前に飲めばいいと思う方もいると思いますが、食事30分前などに飲んでしまうと甘みを感じなくさせる働きで食事のおいしさを感じなくなることがあります。甘みとはお菓子やケーキだけではなくほとんどすべての食べ物にあります。そのため食事前に飲むときは甘いものをたくさん食べてしまいそうなとき、ダイエット中でおやつや間食をとってしまいそうな時にとるのがいいでしょう。

あくまでもダイエットを補助するお茶なので適切な運動を一緒に行わないと劇的に体重は減ることがありません。しかし毎食後に飲む、小腹がすきそうな時に飲むことで少しずつですが体重は落ちてきます。味もやや苦みがあるので最初は抵抗があるかもしれませんが、飲み続けることでその苦みがくせになります。何より口の中が甘ったるい時や脂っぽくなった時に飲むと口の中がとてもさっぱりしていいですよ。

ギムネマ茶のまとめ

食べ物の甘さを感じさせなくする、ギムネマ茶とは?原材料になっているのは、インドやアフリカなどの一年中気温の高い地域に原生しているギムネマ・シルベスタという植物の葉です。この葉をしばらく噛んでいると、味覚が変化して甘みを感じなくなることから、ヒンズー語で「砂糖を壊すもの」という意味を持つグルマールと呼ばれていました。
ギムネマ茶の効果効能は、葉から発見されたギムネマ酸によるものです。ギムネマ酸にはブドウ糖に似ている構造を持つグルクロン酸が含まれていて、甘みを感知する受容体と反応するため、甘みに対する感覚が鈍くなり、美味しいはずの砂糖がただの物体になってしまいます。ギムネマ酸は甘み以外の苦みや辛み、酸味などには反応しないため、ダイエットをしたいけれど甘い物がどうしてもやめられない時に最適です。
ギムネマ酸には、糖質に関するもう一つの効果効能があります。それは、小腸からの糖質吸収を抑える働きです。吸収されなかった糖質は大腸で分解されて別の成分として吸収されたり、食物繊維と同じような効果を発揮して、老廃物と一緒に体外に出されたりします。糖質としての吸収が抑えられるので、血糖値に影響を与えなくなり、肥満の原因になることも少なくなると言われています。
さらに、ギムネマ茶は虫歯予防の効果もあると言われて、虫歯発生の原因となる不溶性グルカンの合成を抑えてくれます。
ギムネマ茶の効果的な飲み方は、食べた直後に飲むことです。食前や食事と一緒に飲めば、味覚が鈍くなるので食事が美味しくなくなり自然と食べる量が減ってきますが、食事を楽しみたい時は食べた後にギムネマ茶を飲んだ方が、食べ物の味を変えることなく糖質の吸収を抑えられます。
食後にギムネマ茶を飲む時に気を付けたいのは、鉄分不足です。ギムネマ茶には糖質だけでなく、鉄分の吸収を阻害する効果があるので、食後に飲んでいると必要な鉄分が補えなくなってしまう可能性があります。ですからギムネマ茶を飲んだ後、味覚が戻ってきてから食品やサプリなどで補給しておきましょう。
ギムネマ茶は甘みを抑える性質があるので、比較的苦みが強いお茶になっています。苦くて飲みにくい時は、紅茶や麦茶などの飲み慣れたお茶とブレンドしてみて、徐々にギムネマ茶の割合を増やしていくと飲みやすくなります。ギムネマ茶はノンカフェインなので、カフェインが含まれているお茶がブレンドされていなければ、寝る前に飲んだとしてもカフェインの働きで目が冴えてしまうことはありません。

 

サイトマップ